09 «1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.» 11

くまぱんの気ままにブログ

くまぱんちの3姉妹エピソードをメインに気ままに綴ります。

 

【雑記】 夏だから怖い話!?③ 

今回は唯一幽霊だったかも!っていう体験をした話を。

20歳頃、熊本の俵山という山に夜中友達5人と車1台に乗り合わせて
ドライブに行った時に体験した話です。

頂上付近の駐車場に車を止め、徒歩で坂道を登ったところの展望台に行きました。
もちろん照明は一切なく真っ暗闇です。携帯の頼りない明かりのみ。

展望台についた所でカップルが斜面に座っていました。
こんな真っ暗闇にカップルで!と少し驚きつつも迷惑にならないよう
距離をとって静かにはしゃいで(笑)いました。

しばらくしてカップルがいなくなっている事に気付いたので遠慮なくはしゃぎました。

帰ろうという事になったので、運転手だったくまぱんは一足先に坂道を下りました。

車を動かし、気を利かせて坂道をハイビームで照らしたのですが、
4人のはずなのに6人下ってくるのが見えました。

さっきのカップルも一緒に下ってきてる?
しかも、友達になったのか?と思うほど6人は纏まって下ってきます。
カップルは先に帰ったと思っていたけどまだいたのか!本域ではしゃいでしまって
申し訳なかったななどと思いつつ、ハイビームが眩しいだろうとロービームに切り替えました。

下ってきた友達たちがロービームの視界に入ってきます。
4人しかいません…。

あわてて「あれ?さっきのカップルは?」と聞くと
「カップル?先に帰ったんじゃねーの?」との返答。

「いやいや、一緒に下ってきてたろ?
 何なら友達になったのかと思うぐらいの感じだったが?」と聞き返す。
「いや、最初から4人…」
この時点で全員が急に恐怖を感じだしたのであわてて山を下りました。

とこれが人生で唯一の幽霊だったのかもという体験です。
この山は色々な幽霊話がありますが、
首なしライダーだったり白服?赤服?の女性だったりと
定番中の定番ばかりでなんだかなぁという感じです。

おっと、誰か来たようだ。今日はこの辺で。








↓ブログランキング参加してます!ポチって頂けたら励みになります!
banner.gif にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
web拍手 by FC2
スポンサーサイト

Category: 雑記

Thread: 日記

Janre: 日記

tb 0 : cm 3   

【雑記】 夏だから怖い話!?② 

心霊現象というよりも不思議な体験といった方が正しいかもしれないそんな話。

今回はくまぱんが鮮明に覚えてる体験から。
まぁ、文章にするとだから何?って感じなんだけど
未だに謎過ぎるので書いてみたいと思います。


■コウモリおばけ?

幼稚園ぐらいの出来事。
当時は父と母と和室に布団を敷いて川の字の真ん中で寝ていました。
夜中ふと目を覚まし、何気にオレンジ色の豆電球を見ていました。
しばらくすると、豆電球から円を描くようにオレンジ色の小さな何かが降りてきます。
ゴミかなー?とか思っていたんですが、そのオレンジ色の何かは次第に大きくなりながら
膝の上に降り立ちました。大きさはこぶし大ぐらいでしょうか。

その何かは一見するとコウモリの様相。
だけど、顔が限りに無く人っぽいし、オレンジ色ながら背景が透けて見えています。
不思議と怖いという感覚はありませんでした。

しばらくするとそのコウモリのようなものが膝の中に沈んでいきます。
このままじゃ膝の中に入っちゃう!と思って手で振り払おうとするも
透け透けで空振る。
それでも何度も払っていたら諦めたのか翼を広げてまた円を描きながら
豆電球に小さくなって消えていきました。

…以上(笑)
とにかく不思議な体験で昔っから人に説明してるんだけど誰も信じてくれない><
まぁ、確かに鮮明に覚えているからと言って、夢の可能性を完全には否定はできないし
現実だという証明をする事もできない。でも、信じてほしいなーと切に思ってます。



■バッタおばけ?

20歳過ぎの頃の話。

部屋でプレイステーションのGジェネF(ガンダムのシミュレーションゲーム)をプレイしていた時。
ベッドに座ってプレイしてたんだけど、ふと足元に気配を感じ、目をやると、そこには
大きさ的に親指ぐらいはあろうかという灰色の殿様バッタが!

しかし、若干の違和感。
灰色をベースに黒いラインが入ったよう感じで、これまた透けてるように見える。
でも形はバッタ。

びっくりしつつもティッシュを取り出し、逃げないようにバッタの正面から
素早くキャッチ!…ところが手ごたえがない。
恐る恐るティッシュを広げるとそこには灰が。
床にも灰。サラサラした灰。
肝心のバッタはどこにも見当たらない。
結構な大きさなので取り逃がしたのなら
すぐに見つけられそうなもんだし、羽音の一つでも立ちそうなもんだけど、
どこを探しても見当たらない。

あるのは大きさに対しては圧倒的に少ない量の灰のみ。
不思議に思いつつも何事もなかったかのようにゲームを再開するくまぱんでした。

結局いまだに何なのか分からない><
ネットで検索したりもしてみたがヒットせず。うーん、まぁいいか!

この時住んでた部屋では、もうひとつ不思議な体験があって、
コルクボードに貼っていた、いくつもの写真の中の一枚だけが左右に揺れる現象が一度ありました。
それも揺れ方がユラユラレベルじゃなくてブンブンレベル。
明らかに不自然な動きにさすがに怖かったのですが
手で揺れを止めて以降は2度と揺れる事はありませんでした。


さて、今回はこの辺にします。
もういくつか不思議な体験がありますので別に記事にしたいと思います。
あ、ちなみにくまぱんは霊感の類は微塵もありません。








↓ブログランキング参加してます!ポチって頂けたら励みになります!
banner.gif にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
web拍手 by FC2

Category: 雑記

Thread: 日記

Janre: 日記

tb 0 : cm 0   

【雑記】 夏だから怖い話!?① 

心霊現象というよりも不思議な体験といった方が正しいかもしれないそんな話。
今回はくまぱんの妹と弟に聞かされた昔話からひとつ。

くまぱんが小学高学年の頃。
妹と弟が電源の入っていないテレビを何気なく見ると、
テレビに映り込む室内の白いタンスにパジャマのようなものが
張り付いている事に気付いた。

後ろを振り向き、白タンスを見るも実際には何も付いていない。
だがテレビに映り込んだ白タンスみるとやっぱり何かが張り付いている。
黒いパジャマ…というより黒い人。



Nikon_20170821_222244.jpg



怖くなった2人はくまぱんを呼びに来る。
「テレビの中に変な人がいる!」と。


見ると確かに何か得体の知れないものが写りこんでいた。

・・・残念ながらくまぱん自体にこの時の記憶が全くないのだけど、
妹と弟が言うには
「テレビ付けたら消えるんじゃね?」的な事を言ったようで。
ところがテレビをつけて、消してみたが、その得体のしれないものは消えなかった。
怖くなった3人はその場から離れたんだけど、しばらくして戻ったところで
その得体のしれないものは消えていたそうです。

うん、文章にしてみると全然怖くない(笑)
いや、実際妹と弟の話を聞いた時は鳥肌もんだったんだけどな。
まぁ冷静に考えるとテレビの焼き付けだとか、汚れとか理由は考えられそうだけど、
一番の問題は
2人から口を揃えて「どうして覚えてない!?」と突っ込まれた事かな(笑)








↓ブログランキング参加してます!ポチって頂けたら励みになります!
banner.gif にほんブログ村 子育てブログ 女姉妹だけへ
web拍手 by FC2

Category: 雑記

Thread: 日記

Janre: 日記

tb 0 : cm 0